民法すき

民法すき

僕が「民法のブログ」を書くとき読むのは、対象判例の判例百選の判決と解説だけ。見開き2ページだけ。

あと、勉強してた頃一冊に凝縮した六法をパラパラ確認するだけ。

で、何も見ずに、頭の中にあること考えたことを一気に書きます。

で、書き直す。直す。

資料みながら書くとつまらなくなる。

考えたことそのまま書くのが楽しいし評価も受けてきました。

民法はいつもA評価を頂いてた。

(旧)司法試験論文で。

その場で考えたことをそのまま書くとA評価。

民法を好きな理由はこれです。

法学部いったので受けてました。

民事法だけなら‥(遠い目‥)。

つまり、公法(憲法刑法)がどうにもこうにも。。集中的にやっても、出来たとおもっても、全く評価がこない‥。

公法は型があって、違憲審査基準や罪刑法定主義があって、型を頭にいれて、あてはめで個性をだす(らしい‥)けど、だめなものはだめ。合わない。

評価のよい民事法と刑訴法だけでは届きそうで届かない‥で、撤退しました。

ブログで書くのは民法だけ。

民法はいつもA評価を頂いたので、ロースクールの人にも役に立つかなとおもってます。

photo credit: QUERHOCH waiting for the sunset via photopin (license)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。