おんなのことば

おんなのことば

『おんなのことば』茨木のり子 詩 童話屋

この小さな本。

もっている本のなかで、最も美しい本の一冊です。

とても大事にしている一冊。

けれど、大事にしすぎてなくすことを繰り返す僕は、いつものようにこの本の所在も見失ってしまいました。

部屋のどこかにあるはずなのだけど…

 

始まりの詩は、叱責のことばで有名な『自分の感受性くらい』。

しめくくりの詩は、一転して、震える弱いアンテナを励ます『汲む―Y・Yに―』。

時代の空気は、叱責のことばよりも、励ますことば『汲む―』のほうなのかなと感じています。

震える弱いアンテナが安心して立っていられる、そんな時代になるといいな。

(きっとなるさ。)

 

『おんなのことば』茨木のり子 詩 童話屋

 

Photo by Chris Lawton on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。